不良債権取立業者に渡ってしまう債権の売買とは

不良債権取立業者は、クレジットカード会社や消費者金融、銀行などの貸金業者から回収困難な債権を安価で買い取り、その債権を回収することを生業としている企業のことを言い、一般的にはサービサーと呼ばれています。

回収代行業者ともいい、日本で法律的には正式に認められていなかったが、平成10年にこれに関する特別措置法が成立しているのです。

クレジットカード会社や消費者金融、銀行などは現金を融資したにも関わらず、返済を滞納する債務者を抱えてしまった場合、自社で回収することが困難だと判断し、債権を有価証券という価値のあるものとして不良債権取立業者に売却します。これによって、貸金業者は、回収不能な債権を現金に変えて手放すことが可能です。

不良債権なので、貸金業者が回収を諦めた借金の相手に返済を求めることになりますが、少しでも回収が出来れば利益があがると言うことで、成り立っているのでしょう。
債務者からしてみれば債権者がこのサービサーに変更となるので、新しい返済方法などで返済を行っていくことになります。

また、裁判などで担保となる価値のある金属や宝石などの動産物から、土地や建物といった不動産物といった全ての財産が差し押さえられている状態の中で借金の支払いを行うことになります。

しかも返済期間が長くなれば、利息は膨大化してしまうので返済を行ったとしても利息分にしか至らず、元金の支払いが行えないなどの事態に陥る場合もあります。これによって、第二のサラ金地獄とも呼ばれており、債務者からしてみれば必ずしも都合が良いものではありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ