不良債権発生比率と貸金業者の健全性を示すこと

不良債権発生比率とは、不良債権と呼ばれる回収不可能な状態の債権の割合を示す指標のことで、口座全体における不良債権の割合が高いと、現金を融資する金融機関に対して健全性に問題があると判断されます。

不良債権が発生する要因としては、クレジットカードや消費者金融、銀行のローンサービスなど現金を融資する金融機関が無理のある融資を行ったり、融資を受けた債務者が無理のある使い方を行った結果として返済が行えない状況に追い込まれてしまったケースが挙げられます。

例外として、返済できる能力があるにも関わらずに返済を拒む債務者などがありますが、この場合には裁判所を通じて価値のある金属類や宝石類、土地や建物などを差し押さえることで融資額を回収可能ですので、不良債権に陥ったとしても担保を使うことで回収することができます。

しかし、これらの財産も所有しない債務者も存在しており、返済する担保もなければ現金の出処もないので、回収することを諦めた借金として不良債権となるのです。

このような事態を防ぐためにも、クレジットカード会社や消費者金融、銀行のローンサービスなどでは、与信と呼ばれる利用者の収入状況や返済する態度、所有している財産の情報を元に融資を行う金額を決めています。

これによって、フリーターであれば収入が安定していないので10万円の与信枠が設定され、会社員であれば収入が安定していることが前提となるので、30万円の与信枠に設定されています。このような方法で、利用者が返済不能に陥るような使い方を防いでいるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ