プレゼントメントの仕組みでクレジットカードビジネスを支える

クレジットカードビジネスの仕組みの名称でプレゼントメントは、アクワイアラーと呼ばれる加盟店契約会社がクレジットカードを発行するイシュアーに対して取引データを送信する行為です。

流れとしては、顧客が加盟店でクレジットカードを利用した際に、アクワイアラーから渡された機器にクレジットカードを通しますが、その際にプレゼントメントが発生し、イシュアーに取引の通信を行うことになります。

これにより、イシュアーはどのアクワイアラー経由の加盟店で利用されたのかを把握でき、後に顧客が使用した料金を加盟店に支払いを行う際にはアクワイアラー経由で渡されるのですが、この時にアクワイアラーには手数料として商品代金の数%を得られ、これがアクワイアラーの主な収入源となります。

このようなクレジットカードビジネスで動いていることから、アクワイアラーとイシュアーが同じクレジットカード会社として機能している会社も増えています。これにより、発生する手数料を極限に抑えることが可能であり、その分を顧客に還元できる仕組みが導入されています。

たとえば、一部の加盟店で指定されたクレジットカードを利用することでポイントが倍増されるといったサービスを実現しており、大きな変動を見せています。プレゼントメントも同一企業内であればスムーズな処理が行うことが可能となり、金融機関としても動きやすさや顧客に対しての還元もできるので、利便性の向上が行われています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ