クレジットカード照会システムのフロアリミットの役割

クレジットカードを加盟店で利用する際に、オーソリゼーションと呼ばれる承認照会が行われています。これは、加盟店に設置されてある端末とクレジット会社が所有しているデータベースが接続されていて、利用されたクレジットカードが正式に利用できるものなのかどうかを判断する作業です。

データベースには、無効通知リストと呼ばれる盗難や紛失に遭遇したクレジットカードから、支払いを滞納して利用停止になっている会員などが登録されており、無論、決済できないので、これらのクレジットカードに承認が行われることはありません。

このオーソリゼーションを行うためには、一定の基準金額を利用しなければならず、このことはフロアリミットと呼ばれています。クレジットカード会社などによって設定金額は異なっており、例えば、1000円以上の買い物をすることでオーソリゼーションが行われる設定であれば、100円の商品を購入したとしても、承認照会が行われることはありません。

現在では、クレジットカードの使用であれば、たとえ少額の利用であったとしても、オーソリゼーションが行われることになりました。

フロアリミットが0円で設定されたことからゼロフロアリミットと呼ばれ、0円の買い物、つまりカードの使う金額に関係なく、使用に応じて承認照会システムが使われています。これによって、少額による不正利用の被害を阻止でき、安全に使うことができるというわけなのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ