現金やクレジットカード等の金銭の流れを示すキャッシュフロー

キャッシュフローは現金の流れを意味する言葉で、個人で言う家計簿につける現金の流れのことです。現金を使った取引を行った場合には、目の前で現金の受け渡しが行われるために把握しやすいでしょう。

例えば特定の商品を購入すると、支出として商品代金が現金から失われることになり、給料日を迎えれば収入として現金を入手することができます。
一方、把握しにくいキャッシュフローとしてクレジットカードの利用があります。

クレジットカードで商品を購入した場合、当日はお金を失うことなく商品を手にすることが可能ですが、後日やってくる支払日に利用料金をまとめて支払うので、お金の流れにやや混乱をもたらす要因になります。

また、クレジットカードのキャッシングや消費者金融、銀行のフリーローン等の現金を融資してもらうサービスなどを利用した場合には、お金を借りている状態になるので収入に該当しません。家計簿や簿記などでキャッシュフローを記載している場合には、人によって書き方などが異なります。

個人以外でも、企業での簿記記載などで使われており、企業間での取引の場合には約束手形や売掛金などお金以外での取引が多くなるので、お金の流れは比較的に把握しづらい状態になります。

そのため、簿記をつける会計士といった専門家に記載してもらうなどうることで、精密なお金の動きを把握できます。会社の規模が大きければ、財務担当部署など大人数で処理される場合があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ