不正に作られたフロードカードから身を守るセキュリティへの対策

不正に作成されたクレジットカードのことをフロードカードと呼んでいます。スキミングなどで他人の情報を抜き取り、その情報を書き込むという方法で、偽造カードを作ることが可能になります。これによって、第三者が本人になりすまし、クレジットカードを使った不正利用ができてしまうのです。

このような被害から避ける為に、利用者は安全なクレジットカードの利用を行う必要があります。セキュリティを守るためには、最新のICチップ搭載のクレジットカードを使うのが一番です。ICチップは一昔前の磁気ストライプとは異なり、複雑に処理されたクレジット番号が記録されているので、簡単にスキミングを行えません。

このため、悪意のある第三者がICチップの中のデータを閲覧することが難しくなり、抜き出すことも容易ではなくなりました。しかし、ICチップを搭載したことで、加盟店側もICチップが読み込めるリーダーの設置が必要となったのです。

日本では多くの加盟店で投入済みになっていますが、外国などでは導入に対するコストの問題から、未だに磁気ストライプによる決済が行われています。このような事態に備えて、クレジットカードにはICチップの他に磁気ストライプも搭載されており、外国などでICチップ未導入の加盟店などでは、磁気ストライプを使うことになります。

この時に磁気ストライプは高いセキュリティで守られていないので、スキミングが行われる可能性があります。海外で利用する場合には特に怪しい店などで使わないことが重要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ