サードパーティプロセッサーに委託するクレジットカードビジネス

クレジットカード取引において、取引を行う当事者とは関係のない第三者が介入し、取引の事務処理を引き受ける企業があります。これをサードパーティプロセッサーと呼ばれており、クレジットカード会社が普段行うオーソリゼーションや代金の請求などを下請け会社が行うことで、クレジットカード会社の負担を軽減させる役割があります。

特にインターネットの普及において、インターネット上での決済手段としてクレジットカードが利用されていますが、クレジットカード会社がインターネット決済システムにおけるシステムの構築や運営、専門知識などがない場合には、サードパーティプロセッサーが代わりに運営を行うことで、ビジネスとして成り立たせることが可能になりました。

その為、多くのサードパーティプロセッサーはシステム関連の業務が多く、提携を結んでいるコンピューター会社などが担当しています。システムの専門家がインターネットによる決済システムの構築から、加盟店に設置されている承認システムの開発、クレジットカードの安全な通信を行うために委託という形で仕事を請け負っているわけです。

このような外部委託のことをアウトソーシングと呼ばれており、クレジットカード会社が専門として取り扱わない業種や、コストの問題から下請け会社に任せるような仕事などは、アウトソーシングによって外部委託されており、自社のビジネス展開に集中することで、効率のいいビジネス展開を行うことができるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ