顧客管理のプロセッシングはクレジットカードビジネスを支えている

プロセッシングとは、クレジットカードを発行するイシュアー、加盟店と契約を結ぶアクワイアラー等の金融機関が、顧客管理や加盟店管理に関する業務のことを指します。
特にイシュアーの場合には顧客管理を行い、顧客の情報はもちろん、クレジットカードの与信も担っているので、信用の度合いなどの情報もデータベースにて管理を行っています。

これにより、加盟店で顧客がクレジットカードを利用した場合には、オーソリゼーションと呼ばれるイシュアーが所有しているデータベースにアクセスしてクレジットカードの使用許可を得るシステムの業務なども該当します。

オーソリゼーションの際には、イシュアーが所有しているデータベースにアクセスを行いますが、このデータベースには無効通知リストと呼ばれる情報が管理されており、紛失や盗難に遭遇したり、支払いの滞納で利用停止が行われたクレジットカードの情報が管理されています。

これにより、顧客が加盟店でクレジットカードを利用した際にオーソリゼーションにて使用されたクレジットカードが正規なもので、利用が行えるモデルなのかを確かめているのです。

もし、盗難や紛失により拾得されたモデルが第三者によって利用されたとしても、顧客が金融機関に連絡を行ってサービスの停止を行っていれば、不正利用を事前に防ぐことが可能です。その為、データベースの情報はきちんと管理されている必要があり、安全に使ってもらえる環境を作っているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ