プロファイリングによる顧客の信用情報をまとめて共有する

クレジットカード会社には、プロファイルと呼ばれる顧客に関する分析結果の情報が所有されており、プロファイリングというプロファイルの集合体で管理されています。

顧客に関する分析とは、クレジットカードにまつわる信用情報のことであり、初回与信の際に審査を行った収入状況や財産状況、返済に関する顧客の性格に加えて、クレジットカード利用中の返済状況を審査する途上与信なども含まれているのです。

このプロファイルデータは、個人信用情報機関に登録され、リアルタイムにてデータの更新が行われているので、他のクレジットカード会社や消費者金融、銀行などは、対象の顧客が他社でどのような融資を受けており、返済しているのかを確認することが可能になりました。

これにより、クレジットカード会社によっては他社のクレジットカードや消費者金融の支払いが遅れただけで、二次被害を避けるためにクレジットカードのサービスを全面的に停止させる処置などが行われており、また、新規の申込者がいる場合では、他社でどのくらいの金額を利用しているのか、過去に支払の滞納や自己破産などを起こしていないのかを確認するために、プロファイリングが使われています。

この仕組みの登場により、現金を融資する消費者金融産業も顧客の信用を担保に融資を行っていることから、できる限り融資リスクを軽減させるためにも、同業者間で情報を共有することで、申し込んできた利用者が信用できるのかを判断しているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ