不渡りが引き起こす手形の価値と発行企業の責任

不渡りとは、手形や小切手などの有価証券を用いて決済を行った際に、何かしらの事情で支払銀行にて支払いを拒絶された状態の有価証券のことです。手形とは一般的には約束手形のことで、企業間での取引に用いられる決済手段です。

商品を購入した企業が手形を発行して、取引の際に記入した金額を指定の銀行に持って行くと、現金を受け取ることができます。その為、商品を卸した企業などは手形を受け取ることで後日、銀行で現金化を行うわけです。

手形を発行する企業側は専用の口座を銀行に作る必要があり、その口座に振り込まれている現金で支払うことになります。しかし、その口座で目的の金額が残高不足によって支払いが行えない場合などには、手形の現金化を行うことができなくなるので、不渡りとなるのです。

銀行側としても口座を作った企業の信用を失うので、口座閉鎖の処置などが行われる可能性もあり、クレジットカードや消費者金融などの消費者信用ビジネス同様に、信用が重要視されるものになります。その為、信用を裏切るようなことがあれば、二度と口座を作ることすら難しいものになります。

また、手形口座を作れるのは企業だけであり、企業の業績状況や規模など信用できるのかどうか法人に対して審査が行われるので気軽に作ることができず、信用を守らないといけないのです。これらを守るためにも、残高不足の状態に陥らないように常に警戒し、支払う金額などにも注意を行わなければなりません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ