クレジットカード、ローンによる分割払いを使った高額商品の購入方法

分割払いという言葉は日常よく耳にしますが、商品やサービスの代金を支払う際に、代金を分割して購入する方法のことです。主に家電製品や自動車、住宅などの高額商品を購入する際に、一回で商品の代金を支払えない場合に利用するもので、方法としては大きく2種類に分かれています。

クレジットカードを使った分割払いは、クレジットカードで商品を購入する際に支払い回数を決めることが可能です。一括払い、2回払いまでは利息が発生しませんが、3回払い以降は利息が発生し、支払い回数が多ければ多いほど利息の割合が増えていく仕組みになっています。

その為、3回払いで発生する利息と24回払いで発生する利息は大きく差が開くので、金銭的に余裕がある場合には、支払い回数を短期間にすることで、無駄な支払いを発生させないことが重視されます。

もう一つの分割払い方法はローンです。これはクレジットカードとは異なり、商品単体に対して契約を結ぶ方式です。信販会社や銀行などに商品代金を肩代わりしてもらい、長期的に返済を行っていきます。

自動車の場合には銀行のマイカーローンなどもありますが、自動車販売店が予め提携を結んでいる信販会社のローン販売を利用する機会が多いです。自動車販売店で申し込みを行うので、自動車を購入した際に、信販会社と契約を結ぶという形になります。

これにより、スムーズに自動車の購入を行うことが可能で、利用者は長期的に毎月の支払いで商品代金を返済していくのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ