粉飾決済による虚偽の決済報告を行う理由とは

粉飾決済とは、不正に会計操作を行うことであり、株式会社などが決済報告を行う際に赤字だった場合には、それをあたかも黒字のように偽造することを指します。

このような行為は融資を行っている銀行や投資家などから信用を得るために行われており、逆に儲かっているにも関わらず、税金から逃れるために、赤字だと会計操作を行う場合もあります。

このような事態を避けるには、企業側としては監査役、監査法人を経理財務部門に配置し、監査役や監査法人が認めた決済報告によって、粉飾決済を行っていないことの証明としています。

もし、虚偽の決済報告を行った場合には刑事責任や民事責任に問われることもあり、監査役や監査法人なども虚偽を知った上で公表してしまった場合には、責任の追求が行われてしまいます。発生する要因としては、融資を行う銀行や投資家の信頼を得るためでもありますが、経営者のプライドなどからも虚偽の決済報告が行われる場合があります。

経営者個人のプライドや見栄のためにあたかも儲かっており、成功者としての証として決済報告を行なうケースがあるのです。これは個人経営や中小企業などに多く見られ、これによって、融資を行う銀行や投資家などからの信用を得ることが可能になります。

特に個人経営や中小企業の場合には監査役や監査法人などを設置しないケースがあるので、個人の範囲で虚偽記載を行うことが容易にできるというポイントも大きいとされているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ