平均金利を表示することとクレジット業界の動き

平均金利とは、クレジットカード業界全体の金利を示す数値であり、ショッピング枠、キャッシング枠とともにクレジットカードの業界分析などで公表されています。現在では貸金業規制法の登場で18%を上限としているクレジットカード会社が多く存在しており、下限金利としても13%を平均として設定が行われています。

クレジットカードや消費者金融などの利息の表示としては、上限金利と下限金利の2種類が表示されており、最初の信用実績がない頃は上限金利にて利用することが可能になりますが、長期的に利用を行い、安定した返済を行うことで、金融機関に融資を行ってもきちんと返済してくれる顧客だという信用を勝ち取ることで、徐々に利息が下げられていく仕組みになります。

その最も低い利息が下限金利となるので、利用すれば利用するほどお得に使うことが可能になる仕組みになります。

この利息の設定はクレジットカード会社や消費者金融、銀行などによって異なっているので、クレジットカードを所有する場合にはショッピング枠、キャッシング枠の利用で発生する利息の割合などを見ながら、自分にあったクレジットカードを見つけることで長期間お得に付き合っていくことになります。

現在ではインターネットの普及により、簡単に比較することが可能で、インターネット系企業なども進出しているので、利用目的に沿った特典といったサービスなどを比較しながら選ぶことになります。また、審査基準なども異なるので、注意が必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ