平均残高による銀行口座預金での金利の計算方法

銀行口座の1カ月分の残高の平均のことを平均残高と言い、毎日の最終残高を合計し、日数で割ることで算出できます。主に銀行側が金利の計算を行う場合に利用されており、個人や企業が銀行に現金を預けると利息が発生し、預けている金額に応じて預金者は利息を受け取ることが可能です。

預金額は銀行が企業に対して融資を行う資金源として利用されていて、企業が返済を行う場合に銀行が設定した金利も払っています。この金利は銀行の収入源に使われていますが、現金を預け入れた預金者への還元としても使われており、それが預金者が得られる利息です。

長期的に預け入れてもらうことによって申し込んできた企業に対しての融資が行いやすくなるので、金利が得やすくなります。
金利の計算は預金残高に比例して行われており、毎日どれだけの現金を預けているのかが重要です。

もし、平均残高による計算を行わなかった場合には、利息の確定を行う最終日に現金を多めに入れておけば、たくさんの利息を得ることが可能になりますが、預金者はその最終日だけ入金を行い、翌日には預けた現金を回収していく可能性なども秘めているので、銀行側としてはメリットがありません。

そのため、1日の預金額を監視しており、1カ月分の日数で割ることで利息額を決定する平均残高の算出が可能です。これにより、最終日に多額の現金を預け入れたとしても1カ月分の日数で割ることになるので、発生する利息も減少します。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ