BASE Iを利用したオーソリゼーションシステム

BASE Iとは、VISAが構築したクレジットカードの承認を行うためのネットワークシステムの名称です。

これはVISAが利用できる加盟店や、VISAのクレジットカードを発行しているクレジットカード会社などがネットワークに接続されており、加盟店で顧客がクレジットカードを使用して商品を購入する際に、オーソリゼーションと呼ばれる承認を行うことになります。

これは、使っているクレジットカードが使用できるものなのかを加盟店で判断することができないので、クレジットカード会社が所有しているデータベースに照合することで、利用の許可をもらうという仕組みです。

このシステムの導入により、不正利用を防ぐことが可能で、データベースには無効通知リストがあり、ここには盗難や紛失、利用停止になったクレジットカードの情報が記録されています。

つまり、盗難されたものや紛失で第三者が本人になりすまして使った場合には、無効通知リストに該当するので、使用の許可を出すことができずに決済を行うことができません。これによって不正利用を防ぐことで、利用者を守ることが可能になります。

また、支払いの滞納などで利用停止になったものも使用許可が行われないので、決済を行うことができず、加盟店側としても正規に利用できる顧客だけを相手に商品の売買が行えるので、安全な取引を行うためにBASE Iが導入されており、利用者も加盟店も安心して使うことができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ