ペイメントシステムを使ったインターネット上での支払いとは

ペイメントシステムは、支払いを行う決済システムのことで、特に現金での直接取引が行えないインターネットの世界などで導入されています。

主にインターネット通信販売やビデオオンデマンドや音楽、ゲームのダウンロードサービスを代表とするデジタルコンテンツなどの決済、旅行の支払いからインターネットオークションと電子データのやり取りで商品や、サービスの購入から決済までを行うことができるようになりました。

現在、クレジットカードやウェブマネーやビットキャッシュといった電子マネー、ギフト券などのペイメントシステムが登場しており、支払い代行サービスなどを利用すれば、銀行振込みやコンビニ払いなどを利用することが可能になります。特に利用されている決済方法としてクレジットカードが挙げられます。

所有している利用者であればその場で決済できるので、インターネット通信販売などでは支払い確認がすぐに行われ、購入した商品の運送がいち早く行われるメリットがあります。

また、電子マネーはプリペイド方式が多く、コンビニエンスストアなどで販売されているので、目的の金額分を購入すれば電子通貨として利用することが可能になり、インターネット通信販売で目的の商品の購入代金として、デジタルコンテンツの決済手段として利用できます。

電子マネーはプリペイド方式になるので安全な支払い方法であり、たとえ情報が盗まれたとしてもクレジットカードのような被害に遭遇することがありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ