現金融資方法のベタ貸しが引き起こす危険性

銀行用語で融資額上限に張り付いたままの状態のことベタ貸しといい、現金を融資する債権者としては危険な状態と言えます。

これは主に企業への融資の際に使われる言葉ですが、個人への融資でも該当しており、例えば、クレジットカードの利用の際には与信枠が設定されますが、仮に与信枠が30万円だった場合に常に28万円を貸した状態で、毎月の返済を行って返済額を減少させたとしても、それと同時に再びクレジットカードを使ってしまえば、当然ながら返済額は上がってしまいます。

これにより、急に大金が必要になった場合には、28万円を融資してもらっている状態で与信枠の上限が30万円に設定されるので、新たに融資を受ける場合には2万円しか借りることができませんし、もし、債務者が自己破産などを行ってしまえば、クレジットカード会社は融資した30万円全てを取り戻すことが困難になってしまいます。

そのため、常に与信枠の上限に近い金額をキープしている債務者ほど危険性が高いと言えます。返済を行っても別途にクレジットカードの利用による商品の購入などを行えば、返済額自体は減ることがありませんし、クレジットカード会社としてもそれなりの危険性が発生することになります。

このベタ貸し状態を解消するために途上与信が行われており、これは債務者のクレジットカードの利用を監視するもので、使い方によっては与信枠を調整することができます。つまり、与信枠を下げることで、新たなるクレジットカードの使用を阻止することが可能になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ