返済回数を利用することで高額商品を買いやすくする方法

クレジットカードや消費者金融、販売信用において、返済回数を決めることが可能です。これは、一括で支払いが厳しい高額な商品やサービスを購入した際に、支払金額を月々の分割で支払いを行うと、一括よりも商品、サービスの利用が行いやすい購入手段になります。

主に2種類の購入方法が存在しており、目的の商品、サービスによって使い分けることが可能です。
一般的に利用されているものとしてはクレジットカードが挙げられ、クレジットカードで商品を買う際に支払い回数を決められます。

これは少額の商品から高額商品まで利用することができ、1回の買い物でも利用することができるので、複数の品物をまとめて返済回数を決めることができるのです。一括払い、2回払いまでは無利息による分割購入が可能で、3回払い以降からは支払い回数に応じて利息が発生します。

そのため、利息を払いたくない利用者は2回払いまでに留めておくことで、一括購入よりも経済的な負担を抑えつつ無利息で利用できる方法を行っている利用者が多く存在します。

販売信用の場合は信販会社と契約を結ぶローンサービスであり、自動車や住宅など購入する際に利用します。クレジットカードのように予め契約を結んでいるものではなく、商品購入時に割賦販売の契約を結ぶことで成り立ちます。

ローンの対象は目的物に限定されており、クレジットカードや消費者金融と異なり、自由に利用できるわけではないですが、全体的な利息の割合が低いという特徴があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ