クレジットカード、消費者金融の返済額と利息の賢い付き合い方

クレジットカードや消費者金融などを利用していると必ず発生するのが返済額です。これは融資してもらった現金を返済する金額のことで、元金に加えて返済期間に応じて発生する利息分も加わった金額になります。

そのため、長期的に現金を借り続けている場合には利息分が大きく膨れ上がるので、同じ金額を融資してもらったとしても、早期返済を行った場合と長期返済を行った場合とではトータルの金額が大きく異なる仕組みになり、これにより、早期返済を行った方が経済的負担が軽減されます。

クレジットカードの場合には、一括払い、2回払いまでは利息が発生しないモデルが多く存在しており、経済的に余裕がある場合には一括払いで元金だけを支払いを行い、経済的に余裕がない場合には2回払いで元金を2回に分けて支払いを行ったとしても、元金だけで済むことになります。

3回払い以降からは利息が発生するので、上手な使い方としては2回払いに留めておく方法が使われています。
消費者金融でも会社によっては無利息期間が存在しており、期間内に完済を行えば利息が発生せずに元金だけで支払いを行うことが可能です。

例えば、ノーローンでは1カ月に1回だけ1週間無利息期間が設けられており、この期間を有効に使うことで、支払い負担を軽減させることができます。

もし、1週間過ぎてしまった場合には1週間分は無利息になるので、利息が発生せず、2週間で完済を行ったとしても1週間分の利息しか発生しません。このように上手な使い方を行うことで有効な現金の融資を利用できるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ