クレジットカードの返済を促す返済促進システム

返済促進システムは、クレジットカードや消費者金融などの消費者信用システムを使って融資を受けている際に返済を比較的に行いやすいように、支払いを続けていくうちに支払金額が徐々に減少していく方法です。

これによって、債務者は月々の支払負担が軽減されるので、返済が行いやすく、次の融資を利用しやすくなる一面もあります。主に元金均等返済、元利均等返済、リボルビング払いなどが該当し、通常の均等返済のような予め決められた金額を毎月返済を行うよりも意欲が湧きやすいというメリットが挙げられます。

特にリボルビング払いは、クレジットカード会社や消費者金融などが採用している方法の一つであり、これは予め決められたミニマムペイメントという金額を支払いさえすれば、その月の支払いは終了し、オーバーした金額については翌月に支払いを行うというものになります。

そのため、スライド式とも呼ばれており、例えば、ミニマムペイメントが1万円に設定されており、その月の支払が15000円だった場合には1万円だけを支払いだけが生じ、残りの5000円は翌月に請求されるわけです。

また、翌月も1万円の利用があれば、同様に同じ処理が行われるので、利用者からしてみれば支払いが行いやすく、金融機関からしても少額でも入金を行ってもらえるので、元金の回収が行いやすくなります。

しかし、落とし穴があり、月々の支払いがミニマムペイメントによる少額での支払いなので、利用者が借金をしている実感を失ってしまい、元金だけが膨れ上がってしまう事態に陥るケースも珍しくありません。計画的に利用することが理想的な使い方になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ