クレジットカードの返済利息に対する割合と有効な使い方

返済利息はその名の通り、消費者金融や販売信用、クレジットカードの分割購入の際に発生する返済に伴う利息のことで、主に返済期間によって大きく変化します。

3カ月、4カ月などの短期間で完済する返済方法であれば利息は少額で済みますが、12カ月や24カ月などの長期的に完済を行う方法であれば利息自体が大きくなるので、完済を行った際のトータルの金額を比較しても、短期間の方が低くなります。

利息を発生させる理由としては、消費者金融や信販会社、クレジットカード会社の利益になる部分でもそうですが、共倒れを防ぐ役割もあり、早期に融資元金を回収することで、後から利用者が債務不履行に陥った場合でも融資リスクを軽減させる狙いがあります。

そのため、長期的な返済の場合には融資リスクが大きくなるので利息が大きく、短期的な返済の場合には融資リスクが小さいことから利息が低く設定されているわけです。

クレジットカードの場合には、分割購入の際に発生する金利には2種類あり、一括払いもしくは2回払いの場合には、無金利に設定されており、3回払い以降では金利が発生する設定が行われています。

これによって、経済的に一括払いが苦しい場合に、2回払いを利用することで2カ月での短期完済を行うことになりますが、金利が発生しないことから商品、サービス代金の元金の状態で支払いを行うことが可能になります。クレジットカードの上手な使い方としても有名なもので、できる限り返済で支払う金額を減らしたいという場合に有効です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ