利用者の信用評価を判断するクレジットカードの返済履歴

返済履歴は、クレジットカード会社や消費者金融が所有している利用者の返済状況を記録しているデータになります。このデータは個人信用情報機関にも登録されており、各クレジットカード会社や消費者金融、銀行、信販会社などでも共有されています。

このデータの利用目的としては、利用者の信用を見ることであり、他の金融機関でも閲覧することが可能なので、例えば、新規でクレジットカードに申し込んできた利用者に対して初回与信が行われますが、その際に過去や現在、他社でクレジットカードや消費者金融の利用状況を確認します。

そこできちんと返済を行っているのか調査を行うわけです。そこできちんと返済を行っている履歴が確認できれば認められますが、返済の滞納や金融事故を引き落としていた履歴が確認できれば、融資を行っても同じような返済の滞納や自己破産などを行う金融事故を引き起こす可能性が高くなるので、信用ができないという判断をすることができます。

これにより、リスクの少ない少額の与信枠に設定されたり、最悪の場合は申し込み自体を拒否される場合もあるのです。

このように返済履歴は利用者を判断する基準の一つであり、クレジットカードや消費者金融などの消費者信用ビジネスでは利用者の信用を担保に現金の融資を行っていることから、信用問題というものは重要な要素になります。そのため、利用者はできるだけ信用の評価を下げない利用方法が求められています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ