変造カードが引き起こすクレジットカード被害への対策

変造カードというものが存在しますが、プリペイドカードやテレフォンカードなどの情報記憶領域に記録されているデータを外部の人間が書き換えたものを指します。不正に利用限度額のデータを書き換えたことにより、過去に社会問題にまで発展しました。

現在では不正に外部から書き換えが行えないようにセキュリティ面の強化が行われており、変造に関するトラブル等は減少しています。
クレジットカードもかつては悪意のある人間から狙われていた過去があり、磁気ストライプによるデータ保存の時代にはスキミングと呼ばれる犯罪が横行していました。

これは、店舗でクレジットカードを利用した際に、客の目を盗んでスキミングを行う機器を使って磁気ストライプに保存されているデータを抜き取り、別のカードに書き込むことでコピーカードを作っていました。

これを使えば本人になりますまして利用することができるので、高額商品などを購入してそれを売買することで悪意のある人間が現金を手にしていました。
現在ではICチップの導入により、磁気ストライプよりもデータ保存領域が拡張され、解読不能なデータ量で処理されたクレジット番号が記録されています。

また、公開鍵、秘密鍵などのデータにアクセスを行うための鍵システムが導入されており、高いレベルでのセキュリティで守られているのです。しかし、全世界でのクレジットカードは、磁気ストライプを使った決済が行われており、ICチップによる利用が普及していないという問題点もあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ