変動金利算出で変動する利息と住宅ローンの金利の計算

変動金利は住宅ローンを利用する場合に、短期プライムレートの動きにより利息が変動しやすいローン商品です。短期プライムレートとは金利の基準になるもので、最優良企業に対して1年未満の融資を行う際に発生する金利のことを言います。

経済状況等によって短期プライムレートが動くので、住宅ローンの支払いを行う際には月々の返済額にも影響を与えることになります。
そのため住宅ローンには、毎月の金利が変動する変動金利型とは別に、数年ごとに利息の見直しが行われる固定金利型の2種類があります。

固定の場合には申込時の発生する利息で計算が行われるので、申し込むタイミングによっては変動よりもお得になることもあれば損することもあるのです。これにより、毎月の支払額は固定されるメリットがあり、数年ごとに利息の調整が行われるので、その際の利息の計算によってまた、数年間は固定された金額を支払うことになります。

変動の場合には毎月の短期プライムレートの動きにより左右されるもので、月々の支払額は変化しますが、利息分がどのくらい発生しているのか把握しにくいものとなるので、変動金利算出によって今まで発生した利息分を計算することが可能です。

これにより、固定と比較してお得なのか損するのか、などを確認することができ、住宅ローンに申し込む利用者は現在の経済状況を踏まえた上で将来の短期プラムレートの動きを予測しながら、どちらの返済プランを選ぶのか選択することになります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ