ポイントオブコンプロマイズという恐ろしい事態の発生原因

ポイントオブコンプロマイズとは、カード情報の流出の可能性が疑われ、カードが悪用されるリスクが予測される事態のことを指します。語源はPoint of Compromiseという英語を理解する必要がありますが、このコロマイズには妥協する、と危うくする、という二つの意味合いがあります。

まずこの問題は業界のどこかに妥協が生じることによって発生するといえるでしょう。具体例をあげるとすると、ある人がホテルに泊まり、クレジットカードで決済をしましたが、お客様のカード番号やその他の個人情報が犯罪組織に横流しになった場合です。

極端にいうと、犯罪組織の圧力などの下で情報を管理しているホテルマンが買収に応じてしまう事件が発生した場合には、そういうリスクを発生させてしまった組織体制の問題は企業や労働者の妥協を起因とする場合が多くあります。

また、最近では顧客情報をデータで管理している事・ネットワークでの情報管理が主流となっているので、システムの不備や、社員のちょっとしたミスなどでネットワーク上に個人情報が流出してしまう事が発生もありえます。

もうひとつの意味は危うくするというものですが、偽造カードを作られたりなど個人の危険も意味します。また、流出を起こしてしまった企業には、被害の最小化と謝罪などで莫大な時間と費用の損失が発生することになります。ともすると、企業の存続自体を危うくしてしまう可能性も少なくありませんので、こちらの意味合いも大きいことでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ