法人カードを使用によってもたらされる3つの価値

法人カードとはクレジット各社が企業向けに用意したクレジットカードシステムのことを指します。この法人名義でクレジットカードを作ることには、大きく分けて3つの価値があると言えます。

1つは、経営に関係するカード付帯サービスが充実している点があげられます。このカードを一枚持っていると海外への出張勤務に就いたときに海外旅行保険が付帯されているのです。通常の方法で保険会社で契約すると短い期間の出張でも何十万という海外旅行保険料が経費としてかかるものなので会社にとってはうれしいサービスでしょう。

他にも企業の喜ぶサポートが満載しており、タクシーのチケットが配布されたり、接待に使えるゴルフのエントリーサービスなどが受けられるのが特徴です。海外出張の多い企業や接待の機会の多い方にとってはメリットが大きいでしょう。

2つ目は、経費計算の簡略化ができることです。個人事業主であれば、一枚のカードを公私混同して使わずにすみ、且つ送られてくる明細票はそのまま経費の証明となり、財務計算の大きな助けとなるのが特徴といえるでしょう。

また、企業においても沢山の社員から個々に領収書が来てそれを計算するのは無く、一括で会社に請求が来て計算の手間が省けます。

3つ目としては、支払いの期間が長めに設定されている点です。約2ヶ月後に返済できるカードもたくさん存在します。企業を切り盛りする経営者にとっては支払い期間の猶予は、資金繰りの観点からみても大きな助けとなることでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ