法務処理が金融業界でますます必要になる理由

法務処理という専門用語は金融界で重要なウエートを占めています。金融業界のやり取りはすべて法律的に有効かどうかが大きくものを言うからです。この言葉が金融業界で不可欠な理由は、借りたお金を返さずに居なくなってしまう人が後を絶たない、という金融業界の状況を理解すれば自然と理解できるしょう。

クレジットの世界では、債務者つまりお金を貸した顧客がいつも利子をそろえてきちんとお金を返してくれる人ばかりとは限りません。中には夜逃げのようにして債務責任を逃れようとしたりする人もいるのも事実なのです。そのため法的な行動によって取立てを適正に行なうことが必要になってきます。

たとえばあるクレジット会社がお金を貸したにも関わらず、返済の無い債務者の居場所が分からず5年経ちました。借りたお金も5年間法的に請求されなければ時効となります。つまり貸したお金が返ってこない事になります。

そこで債権会社は法務処理として、時効の中断などの請求手続きを行ない、債権が引き続き有効であるように処理することが必要になってきます。
中には債権者の会社自体が経営不振のために存続不能となり、債権者が移動するということもあるでしょう。そうしたときも法的に適正な対応が必要になります。

クレジット会社以外にも、一般の企業がクレジットなどで経費計算をする際に、法律上の案件を適正に処理するために専門の部署が必要になってきました。法務処理とはそうした部署で請求、破産関連の業務など財務上の紛争を法律的に専門的に扱うことを指す言葉として用いられています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ