訪問販売員登録制度が今の時代必要になった理由

訪問販売員登録制度とは、消費者が詐欺といったトラブルに合う事を防ぐ為に生まれた、訪問販売者に一定の規則を設ける制度を指します。この制度が必要になった理由としては、昭和の古き良き時代は消費関連詐欺の被害といってもせいぜい個人の押し売り程度でしたが、時代が変化するに応じて問題も複雑化してきたことがあげられます。

現金でやり取りする場合だけでなく、クレジットなどのローンを組ませて何十万もする高額布団を売り付ける組織的な犯罪グループが出てきたり被害額の大きい詐欺も増えてきました。

日本訪問販売協会が日本におけるこういった形態を持つ販売の存続、適正化を図るために訪問販売登録証書を発行することによってそうした問題の縮小化を目的にこの制度を用意しました。方法としては協会が用意した顧客との信頼を築くための試験が実施されます。

その試験に合格し、訪問販売を行なう上での一定の規則を習得した者のみにこの登録証書が渡されます。
登録証書を持っている人は特定商取引法、同協会の自主行動基準の知識をもっており、詐欺まがいの高額なものを売りつけることはありません。

万が一お客様がクーリングオフなどの法的手段を講じたとしても、それに十分に応じる用意があることを示しているのです。さらにこの制度の資格期間は3年と定められており、変わり行く時代に対応できるように常に販売方法などに関連する新たな知識が教育されていきます。

現在のように、詐欺形態が多様化・複雑化している時代には、訪問される消費者側にとっては安心できる必要な制度と言えるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ