ホームバンキングを利用する際の恐るべき注意点

ホームバンキングとは自宅にいながらコンピュータのネットワークを通して金融機関のサービスを利用することを指します。この機能により金銭管理だけでなく、他口座への振り込みや振り替えなどをATMと同様に行うことができます。

また、通常ATMでかかる手数料がどの時間帯でもかかることはなく、銀行機関によっては他社への振込みも一カ月あたり数件までは無料で行えるなどのサービスが付帯しています。最近ではこのシステムを利用し、金融機関を仲介した株式投資などを行うことさえ可能になりました。

しかし、この便利に見えるホームバンキングシステムも、注意を怠るならば恐るべき落とし穴に陥ってしまいます。それは何らかの理由で口座番号やパスワードなどの流出してしまい、第3者があなたの口座から自由にお金を引き出すことができてしまうという危険です。

そのひとつは、金融機関に伝えているメールアドレス宛にあたかもその銀行からのようなメールが届くという方法です。使用者はすっかり信用し、記載されているURLにアクセスします。まるでその銀行のサイトであるかのようなリンク先に飛んで行き、そのページに口座ID、パスワードを打ち込むように指示されます。

いったん入力してしまったデータは見えない第3者にすべて知られてしまい、あなたの口座からお金を取ってしまうのです。悪質な場合は借り出し機能を利用し、借金させられるケースさえ存在します。ホームバンキングの利用は必ず公式サイトであることを確認した上で利用することが必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ