保険の付帯機能はクレジットカードによって大きな差がある

保険とは偶発的に生じうるあらゆる災害に対して、事前にそのリスクを予測した大多数が掛け金をプールし、その被害に直面した人の掛け金に応じて保証する制度です。クレジットカードにおいても、この制度がどれほど充実しているかが利用者に選ばれるかどうかにおいて大きくものを言います。

しかしこれはあくまでも付帯業務として付いているサービスであり、本サービスではないために今は縮小傾向にあります。
クレジットカードには、年会費の要らないもの、1000円程度必要なもの、万単位のゴールド・プラチナ会員までいろいろなものが存在します。

これらのサービスに差をつける方法として、付帯の保険機能をどれほど充実させるかが変わってきます。年会費の必要なカードには通常このサービスが付帯しており、国内・国外の傷害保険サービスや渡航遅延保険、さらにはショッピングをした際の保障などが付帯しています。

一見同じようなカードに見えても、これらの保障が充実しているかどうかの大きな違いがあるものです。中には年会費が要らないものにもこの付帯機能が付いているカードもあり、海外によく旅行する人にはこうしたサービス目当てにクレジットカード契約を行う人がいるほどです。

しかし注意すべきなのは、こうした付帯サービスを利用する際には細かい条件が多いと言うことです。例えば、旅行に行く際の交通費をクレジットカードを利用して購入した場合にのみ適用されるなどの条件があります。条件を満たしていないと適用されません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ