保守契約を利用できるかどうかがかかわる様々な要素

保守契約とは、何かの商品を購入したり、リース契約をした際に付帯される修理修繕契約、もしくは事前に行う保守点検作業の事を指します。購入者そのものに修理補修する専門知識がない場合でもこの契約を結んでいれば、一定期間は無償で保全修理を受けることができます。

大型家電製品やパソコンなどのソフトウェアなど購入した際に通常付帯されているサービスの一環です。不具合が生じてその日のうちに修繕することを保障しているものもあれば、修理に要する期間が特に定められておらず、なかなか保守を受けられない場合まであるのです。

通常電化製品を購入する場合は、一年間の保守契約が購入者とメーカー側で交わされます。ただしこれは双務契約であり、購入者は仕様書に書かれている仕方で利用している必要があるのです。メーカー側は仕様書通りの使用状況において不具合が発生したケースにおいて、無償で修理修繕を行います。

購入者の不注意によって壊した場合は、通常はその恩恵を受けることができません。
クレジットカードを利用して購入するかどうかは、保守契約をどれほど受けることができるかに影響を与えることも珍しくありません。

例えば、クレジットカードによって決済した場合は補償が通常の一年から五年、その他の場合は一年のままと書かれているものもあります。これはクレジット会社が用意している付帯機能が関係しているからなのです。その逆でクレジット会社に手数料をとられるためと思われますが、クレジットで支払う場合はこのサービスを受けられないケースもあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ