POSカード機能の付いたクレジットカードとは

POSカードとは、大きく分けて二通りの意味で用いられています。一つは、お客様が商品を購入したと同時に登録されている口座からその料金が引き落とされる機能の付いたカードの事を指し、もうひとつはPOS、つまり販売時点管理システムに対応したカードを指しています。

いずれの言葉もクレジット業界の最新情報を理解する上で欠かせません。
銀行が発行する銀行カードには、お客様が望めばクレジット機能をつけることができます。

一枚で銀行口座も管理でき、同時に必要に応じてクレジットも利用できるので非常に便利なわけですが、さらにこの同時料金引き落とし機能が装備しているならば、さらにお客様にとって使いやすいものとなるに違いありません。

クレジットで買い物することもできますし、品物によってはPOS機能を利用してその場で銀行口座から決済できるというわけです。二つ目の意味の販売時点管理システムに対応したカードとは、かざすことによって買い物ができるのですが、そのときに何時にどこでどんな商品を買ったかを店側が管理するシステムに対応しているということです。

この際にクレジットカードの個人情報が利用されるということはありません。あくまでも売り場のシステムに対応しているというだけなのです。

このPOSシステムなど世の中には次から次へと新しいシステムが登場してきており、それに伴い売り場の端末機器も常に変化しています。私たちが持っているクレジットカードもその新たなシステムに対応していかないと、世の中の波に乗り遅れてしまうでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ