POSターミナルに隠れている恐るべき危険性

POSターミナルとは、POSシステムを読み取る端末装置すべてを指します。例えば、スーパーなどのレジに設置されていて、POS対応のカードをかざすとその時点で購入された場所、購入された時間、商品の情報などを管理することができます。

商品のバーコードを読み取る機械もこのシステム端末の一部ですし、クレジットカードで買い物したり、スーパーの会員カードを読み込むときに溝のようなところを通すのを見たことがあるでしょうが、それもこの端末機器のひとつです。

私たちが買い物をする際にも、お店側がデータを管理する上でもとても有用なPOSターミナルなのですが、同時に恐るべき危険を潜ませたハードウェアでもあるのです。このターミナルに悪意を持った人がデータの読取装置を取りつけると、その端末で読み込まれたクレジットカードの磁気データは瞬時に盗み取られてしまいます。

世界中で発生しているこの犯罪行為により、過去にとてつもないほどの個人情報と金銭が抜き取られました。お店側はその被害額を補填しなくてはならず、もし企業の倒産などにより補填されなければ、お客様がその被害額をかぶることになります。

私たちがこのリスクを回避するのは難しいでしょう。しかし、可能な限り磁気情報だけでなくICチップ一体型となったクレジットカードを持っておくならば、被害を最小限に抑えることができます。クレジットカードもいろいろありますが、安全機能の充実したカードを持つことも今の時代必要になってきているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ