ホログラムはいまや偽造カード防止のためには不可欠

ホログラムとは、偽造防止を目的に商品券などに印刷されているものを指します。技術としては、イメージセンサーを使って画像をデジタルで記録しコンピューターを介してもとの画像を復元するものです。クレジットカードにおいては今や欠かすことができないもので、銀色にキラキラ輝くシールがそれです。

立体映像でできた光沢のあるものは、一つの印刷データを同一の機械で印刷しない限り、まず摸造できません。なぜなら、作成するために特別な撮影装置と精密加工が可能な印刷装置、そしてそれを大量に複製する機能が必要だからです。

ホログラムは実は以前から存在しており、何十年も前からカードに組み込まれていました。例えば、磁気部分に細工を施すホロマグなども存在していましたが、その精度は今ほど高くはなくいろいろなトラブルの元となっていましたのですが、最近は印刷の精度が安定し、確かな複製防止機能を発揮するので、どのカード会社も採用しています。

これがあるおかげで、たとえ情報がスキミングされたとしても、全く同じカードをもう一枚作ることはできません。
クレジットカードで使用できるほどの精度の高いホログラムを印刷できる会社は、ごく一部に限られています。

スキミングなどによって得た情報で同じカードを作成しようとしても、結局は高い技術を持つ大手印刷会社に高額で依頼するしかないのです。よってなかなか一般の人が悪用目的で作成するのは難しいとされ、現在のカード犯罪を抑制する上で大いに活躍している技術となっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ