免責条項は今や苦情回避のために不可欠な事柄

免責条項とは、不必要な責任を負わないために会社または個人が相手に対して事前に提示する条項のことです。特にお客様と契約を行って事業を行う企業は、必ずといってよいほどこの表示を行っており、大手の会社ではお客様に公式に配布する説明書や契約書、または公式サイト内に掲載しています。

日本はとりわけ非難の多い国とも言われており、ひとつの表現に対してこれは適切ではない誤解を与えた、ここにこう書いているのにどうしてなんだと責任を求める傾向が非常に強いと言われています。

企業側はこうした傾向を踏まえ、最新の注意を払って文面の作成を行いますが、文面に注意を払うだけでは一部の厳しい意見を持つ人の批判を避けることができません。

そのため「心がけておりますが、保障するものではありません」というような一文を入れてトラブルを避けることにより、もしものときに裁判上の問題となったとしても、そうしたの一文によって企業側は守られることになるのです。

お金の関係する世界、特にクレジット業界では免責事項は必要不可欠です。例を挙げますと、数年前、契約時にもらった契約書の返済方法にはいつまでにどの方法で返済すれば遅延損害金はかからないなどと記載されていたのに、請求されてしまうというケースがあります。

その後返済規定に変更があったためなのですが、自分の持っている用紙の文章を元に苦情を出すお客様もいらっしゃいます。そのためたいていの返済方法が記された書類の免責事項の欄に「これはいつ時点のものであり、最新の返済方法に関しては逐次当社サイトで確認ください」などと書かれているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ