メンテナンスリースとクレジットどちらがよいか決定する要素

メンテナンスリースというのは、メーカーが所有する機械などを会社に設置してもらい、その間毎月一定の料金をメーカーに支払い続けることによって維持、保守などを受けられるというサービスです。

よく聞かれるのがコピー機のリースで、会社はメンテナンスを含むリース料を払い、故障時の対応、インクの交換などを一括してコピー会社に任せることができます。
会社は必要なものを購入する際に、いくつかの選択肢があります。現金一括購入もできますが、中小企業には難しいでしょう。

よって選択肢は大きく分けて二つ、クレジットによる分割払いかメンテナンスリースかということになるわけです。こちらも月々一定額払うという点では同じなのですが、それぞれ違う要素が関係するので、会社にとって長所を見極めケースバイケースで選択することになります。

まずはクレジット払いですが、支払いを終えた商品の後、所有権は会社に所属することが最大のメリットです。会社の必要に応じ、購入した機械に変化を加えてもいいというメリットもあります。しかし保守点検が必要な際は、保障期間が過ぎた後は割高なメンテナンス費用をメーカーに支払わなくてはいけません。

よって会社としては余分の経費を捻出しなくてはなりません。さらに税金計算のときに減価償却などの計算が必要です。
メンテナンスリースのメリットは、毎月必ず一定経費以上は出て行かないことです。

全体としては少し割高になりますが、経費の計算上非常にシンプルな制度で、会社としては本来の業務に集中できるというメリットもあり、こうした要素を考慮し、その都度どちらの購入方法にするのか決めることになります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ