クレジット申込書を記入する際に注意すべき事柄

申込書というのは、クレジット契約を行いたいときに最初に記入する用紙の事で、この用紙に記載された内容に基づいてお客様の信用度が決定されたり、借り入れ限度金額が設定されたりすることもあります。

通常この申込書に書かなくてはいけない内容は、名前や住所などに加えて、何の目的でクレジットカードを作るのか、他に負債があるのか、何らかのローンを組んでいるかなどで、金銭を貸し出した後に返済能力があるかを見極める上で必要な情報です。

記載する際に注意しなくていはいけないのは、誰しも自分に都合が悪くなりそうなことは書きたくないという傾向です。例えば、クレジットカードを作りたいのだけれど、銀行で子どもの教育ローンを組んでいるとしましょう。そのことについて記すと返済能力に疑問を持たれそうで書きたくないかもしれません。

しかし、教育ローンも住宅ローンもしっかりと記載すべきです。なぜなら、結局クレジット会社は信用確認をする際に必ずそうした情報を入手することになるからです。では、なぜ彼らは自分でも分かる情報をわざわざ申込者に尋ねているかというと、それは申込者の正直度を確認するためです。嘘の記載や事実の曲折などあれば、信用が落ちてしまいます。

通常は教育ローンも住宅ローンも世の中では普通のことですので、審査に影響することは少ないでしょう。むしろそれまでの人生において、信用機関に返済遅延などの汚点がないことが重要です。申込書には真実を書かなければなりません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ