モーゲージは住宅ローンのことで最大35年の返済期間がある

銀行からお金を借りる機会は企業だけではなく、一般の国民においても行われており、たとえば住宅ローンや教育ローンなど、多額の資金が必要な際には銀行を利用する場合が多いです。そんな中、日本ではモーゲージと呼ばれるローンが主流だと言われており、住宅の取得の為に、不動産を担保にして貸付をすることです。

これは一般的には住宅ローンと同じ意味になるので覚えておきましょう。
銀行はできればお金を貸したい理由としては、国民から預かった物をそのままにしていては維持費が掛かるので、銀行は損をするからです。そのため、それに働いてもらうという概念をくっつけなければいけません。

そこで登場したのが貸付で、貸付することで、手数料を貰います。それにより銀行は利益を得られ、その結果、事業を継続させることができるようになるのです。
普段はこうした方法を利用しているのですが、住宅ローンになると話は別になり、多額の債権を貸します。これだけでは銀行側に大きな負担になります。

リスクが高すぎるわけです。そこでもし支払えなくなった場合には、預かった住宅などを売ることで返済に充てる目的で、担保を立てます。これはあくまでも最終的な手段ということになります。

住宅ローンでは担保を立てる代わりに、莫大な資金を借りることができるようになるのです。返済期間も最長で35年と長い上に、金利は低めに設定されています。こうしたことから、利用する人はとても多いローンになります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ