モーゲージローンはお金を貸す代わりに担保を立てる方法をいう

モーゲージローンとは、不動産担保付債務証券と正式に呼ばれ、これはその名前の通り、不動産購入資金として利用される長期ローンを指しています。担保を証券として使うことにより、所有権を持たない状態にします。

借手は、ローンを完済すると所有権を得ることとなり、一方の貸し手は、債務不履行や返済ができなくなった場合には、所有権を行使できます。つまり売ることが可能となるのです。ローンを支払っている間は、担保の住宅に居住は可能ですが、売るということができません。

所有権が無いため、お金を借りている段階では、何も手出しが出来ないのです。そういった意味では、債務証券としての意味を持つことになります。お金を借りている立場ですから、上下関係でいけば、借手は下になってしまうことを認識するというのが重要です。

この住宅ローンは、日本においては主流の方法で、そのため銀行でお金を借りて、不動産を購入する場合には、ほとんどがこのローンの流れを取ります。債務不履行といった不測の事態に陥らなければ、低金利で莫大な資金を借りられるので、魅力的な部分は多いでしょう。

しかし、住宅ローンとしては、とてもよくできた仕組みである一方で、借手にとっては不便な面もあります。それは、債務不履行になった時点で、家を追い出されてしまうことです。競売にかけられ、落札された金額は全て返済に充てられ、それでも足りない場合には、さらに請求されてしまいます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ