戻し手数料は振込み依頼人の削除要請に必要な手数料のこと

銀行や信用組合、労働金庫などを利用して振込みを行った際に、依頼人の手違いにより振込み依頼をキャンセルする場合に発生する手数料を戻し手数料と呼びます。これは金融機関でキャンセルの手続きを行うに、人件費が発生します。

この部分は言ってみれば無駄な作業になるので、その手続きの手間賃を依頼主から徴収するときの金額になるのです。金融機関により手数料は違いがありますが、振込み手数料よりは割高に設定されているケースが多いです。そのため、振込みをする場合には振込先などを間違えていないかをよく確認する必要があるでしょう。

また、万が一振り込みにミスが発生した場合には、速やかに報告することも重要で、手数料が発生するからといってそのままにしてしまうと、取り返しのつかない場合もあるかもしれませんので、勝手な判断をしないようにしましょう。

銀行などでは、最近はネットバンキングの利用を推奨しており、この作業は電子取引になるのでスムーズに対応できます。予約振込みをすることも可能ですので、自分がどんな状況になっているのかを確認でき、変更やキャンセルなどもワンクリックで変更させることが可能となります。人によっては、心配の声もありますが、セキュリティは非常に強力です。

こうした方法を採用することにより、金融機関は無駄な人件費を発生させることなく業務を遂行できるようになりました。とても簡単で、便利という面から多くの人が利用しています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ