モンデックスは電子マネーの草分け的な存在となっている

モンデックスはイギリスで1994年に開発された電子マネーシステムの一種で、イギリスの大手銀行の戦略的提携によって誕生しました。世界で通用する電子マネーを作ることが目的として掲げられており、現在でこそ幅広く普及していますが、その当時はあまりにも壮大なテーマだったので相手にされませんでした。

それでも、当時としては非常に画期的な発明であることが言われるようになったのです。
以前では、この問題については考えることが無駄だといわれていましたが、アメリカでは1990年代から電子マネーやクレジットカードでの支払いが少しずつ増えてきていました。

イギリスで開発されたものですが、アメリカはいち早くこの技術を欲しがっていたのです。日本においても電子マネーの取引は、コンビニを初めとして数多くの店舗で利用することができます。

1994年に開発された、モンデックスはその草分け的な存在であったとされています。便利な世の中の象徴ともされているだけに、その当時から見れば、世界の仕組みを変えてしまうようなものでした。お金の大変なところは万国共通では無いということです。

お金の価値は国によって変わりますし、自国通貨は自国しか使えないという不便さもありました。そこにスポットをあてているのが、モンデックスだったというわけです。最近も頻繁に電子でお金のやりとりをすることはよく行われていますので、今後もこの流れは継続されていくと予想されるでしょう。それだけ必要な存在となっていることが理解できます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ