レバレッジドリースはファイナンスリースのひとつの形態

リース会社は、企業が選択した機械設備などを購入して、その企業に貸し出すことをメインとしている会社です。これを行うことにより、企業は負担を少なくして、莫大な資金が発生する取引を行うのが可能となるのです。企業側のメリットとしては、自社で購入したのと同じようにして、物件を使用するできることでしょう。

お互いに利害関係が一致しているので、日本を含めて世界中で利用されています。
航空機など、1つのリース会社では買い取ることのできない、莫大な商品に関しては、複数のその会社が出資をします。残りは銀行などから購入し、企業はレッサー(借手)として、航空機を自社が購入したように利用するのです。

そして出資者は、物件購入価格の一部分を負担するだけで、設備投資税額の免除などの節税対策を行うことができます。
通常は、節税した一部をリース料に還元するので、通常の料金よりも割安になる場合がほとんどです。

レッサーが一部の資金を出資するだけで、その何倍もの資金を取引できるので、レバレッジドリースと呼ばれています。航空機などの購入はやはり、大手であっても厳しいものです。リース会社はさまざまな企業からの買い物を済ませて提供し、そこで節税などをして利益を出すことができます。

レバレッジドリースはアメリカで発達したファイナンスリースの形態であると言われています。日本でもその存在は確認することができますが、アメリカほど多くありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ