ロイヤルティは企業や販売店に対しての忠誠度を表す

金融機関やカード会社は、お金を借りて返済してもらう際に発生する手数料を利益として計算します。これはどんなタイプの企業でも似たようなもので、クレジットは信用払いですから、どちらにしても後で相応のお金を返済しなければなりません。ここで重要になるのが、利益を得る仕組みとなり、冒頭のようにお金を借りてくれることが重要です。

誰もが何回も当社のサービスを利用するとは限らず、クレジットを考えてみれば、世界中にいくつものサービスが発行されていますので、その中から自社のカードを利用してくれる人はとてもありがたい顧客です。

さらにしっかりと返済してくれるのであれば、尚更素晴らしいことで、与信基準のひとつとして数えられている「キャラクター」は、返済義務に対してのロイヤルティの度合いを判断することでもあります。

ロイヤルティは簡単にいえば信用度といえ、どれだけクレジット会社に対して顧客が愛着を持っているかを示し、企業は会員がそれを高めることで、何度も何度も使ってくれるようになるのを期待しています。するとお金を借りる機会が増えるので、必然的に収益アップに繋がるというものです。

カードで支払いをしない顧客に関しては、信用度や愛用度は低いですので、収益をアップさせるのは難しくなります。そもそも、クレジットを使ってくれなければ、企業は利益を得ることはできません。このように、金融という世界も利益を必ず得る方法を確立しなければ十分な運用をすることができないのです。ここを知っていることは、大きな意味を持つでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ