ローンオフィサーはお金を貸すことができるかどうかを判断する

銀行や消費者金融は、誰にでもお金を貸して良いわけではなく、貸し手責任という、守らなければならない決まりがあります。そこには「与信をしっかりと確かめる必要がある」とあり、企業の利益を優先して返済できるかどうか怪しい人に対しても、お金を貸すことは、一方的であるという意味から、禁止されていることが多いのです。

これを行ってしまうと、金融バランスが崩れるきっかけになり、世界的な金融危機に陥る危険性があります。それが発生した場合、世界の経済的なバランスが大きく崩れる可能性があるのがアメリカです。アメリカでは、ローンオフィサーと呼ばれる専門職の人を、銀行や消費者金融に配置しています。

ローンオフィサーによりしっかりと審査が行われて、貸すに値する人かどうかを見極めているのです。また、これを行うには企業にも、リスク回避の役割があります。お金を貸すということは、多少でもリスクが発生し、もしかしたら返済してくれないかもしれません。

そういったことになったならば、負債ということで貸し手が損をすることになります。それは避けるべき事態になりますので、ローンオフィサーを配置する事により、そうした危険性を最小限に抑えられるのです。

しかし、データ上は与信があると判断しても、実際はどういった人物なのかを知ることはできません。100%完全に防ぐのは無理だと分かっていますので、その中で、どうやって最小限に被害を抑えるかが重要になってくるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ