ローンシャークは高利貸しのことで違法でお金を貸している業者

日本では、度重なる高利貸しをするヤミの機関に苦しめられてきました。それにより、返済量が膨大に膨れ上がり、返済するのが困難になる人が続出してしまったのです。そうした弱い立場をイジメるような高利貸しをする業者は、ローンシャークと呼ばれています。

アメリカではすでに厳しい法律の中、徹底した排除をすることにより、表舞台からは完全に消え去ったような状況です。
日本でもそのようになりつつあるのですが、今だにヤミの機関は裏ルートを使って生き延びていると言われています。

ここをどのように取り締まれるかが重要で、日本では現在20%が最高の手数料となり、これ以上の手数料を請求した場合には支払う必要がありません。さらにはヤミの機関からお金を借りた場合には、返済をしなくても良いとされているのです。

これはヤミの機関をしても稼ぐことができないということをアピールする狙いがあります。国に貸金登録をしなければいけないのに、必要な手続きをしていない業者はとても多いのです。ここをしっかりと把握できれば、非常に良い環境を構築できるようになるでしょう。

日本もローンシャークには散々苦しめられてきていますので、法律の改正などにより少しずつですが、減り続けてはいます。弱い立場を守って育てることが、金融機関などには求められているのでしょう。貸し手責任をしっかりと果たすことが金融安定には欠かせません。この部分は常に必要になってくるものです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ