ローン審査は必ず行わなくてはならないことである

住宅ローンや自動車ローンなどは、多額の債務を借りることになります。その際には、銀行などは債務者が本当に返済できるのかをしっかりと審査しなければいけません。これをローン審査と呼び、採点方式になっており、合格点が決められています。

年齢や性別、職業や年収などを審査していき、最終的に合格点にたどり着けば、ローンを組めるようになるのです。
金融機関は強い立場であると表現できますが、一方で債務をする人は弱い立場です。

そのため機関は、強い立場を悪用して弱い立場である借り手に対して、圧力をかけたり、利益を得る目的で、審査をあまりしないで債務を貸したりするようなことをするのは、禁止されています。弱い立場を守り、そして時間をかけて育てていくことを常に考えておかなければならないのです。

その立場から、機関は必ずローン審査を行います。お金を貸さなければ、利益を得ることはできませんので、手数料は重要な収入源です。そのため、返済できるかどうか怪しいのにもかかわらず、融資を実行してしまう機関も実在しました。

これは、金融不安を発生させる危険性があり、資本主義国家において、金融不安が広まることは経済に大きな打撃を与える恐れがあるでしょう。

ここを常に意識しておくことにより、審査が行われる意味を理解できます。審査に通らないと感じる人は、機関はしっかりと借り手のことを考えて行動しているんだと考えておかなければならないのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ