ローン販売手数料は金利を表す場合が多いので利息として考える

銀行は住宅ローンなどをすすめる場合が多いですが、その理由は、長い年月かけて利息を得られるからです。住宅のように長い年月をかけて支払いを続けるローンというのは、最終的には金利が低いとはいえ、大きな手数料を取られることになります。

これをローン販売手数料と呼び、本来は契約料や保証料を指すのですが、この場合には金利として表記されているケースが多いです。
莫大な資金が必要な住宅や不動産の購入は、それが日本経済を支える役割を持っているのを忘れてはいけません。

それを貸すことにより、普通の貯蓄などでは到底買えない高級品を手に入れられるようになります。これによって、市場に流れるカネが増えますので、景気が向上します。金融はカネを融通するという意味ですが、市場に多くが流入するように助けているのです。

国としても、金融市場が安定しているほうが、国の経済が向上するので良いことと言えるでしょう。ローンを組む世帯が増えるということは、それだけ経済的に余裕が出てきたということにも繋がりますから、国としても勧めてきます。

政策の手数料が非常に低いとして有名な日本ですが、国民からすれば貯蓄の時の利息が全く付かないことがピックアップされてしまい、ちょっと不便だなと感じるかもしれません。

しかし、手数料が低いからこそ、住宅ローンで支払う金利はとても低く設定できると言えるでしょう。もし手数料が高ければ貯蓄をする人が増えるでしょうが、その分で損失が多くなりますから、どうしてもローンに関する金利を上げなければいけません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ