ネット上の商取引でログアウトする事はセキュリティ上重要

インターネット技術の発達により、仕事もプライベートの空間も劇的に変化したと言われています。ネット上で商取引をする際の、ログアウトが重要で有ることはよく知られているでしょう。

今ではスマートフォンやタブレット端末の登場により、どんな場所にいてもネットと繋がることができるようになりましたが、この部分の脆弱性が指摘されているのです。どこからでも自分のページを利用出来き、いつでも商取引が可能な為、ログアウトせずにつないだままでは情報が漏れてしまう可能性もあるという点です。

中高年世代は、どうしても先端技術から遅れがちになりますので、パソコン操作が全くできない人もいるでしょうし、普段は全然使わないわけですから、何かを説明したとしても理解が難しいと感じる人もいるでしょう。そんな中、最初に教わるのがログアウトではないでしょうか。これは接続していたネットワークより、接続を遮断するのを意味しています。

インターネット環境を切断することですが、さまざまな場所で利用されることがあります。たとえば所有者のユーザーを切り替える場合に、一旦シャットダウンをしてから、再びログインし直すなどの場合に使われます。パソコン講座においても最初に使う言葉として利用されていますから、多くの人が名前だけでも知っている言葉でしょう。

今後はユビキタス社会へと確実に近づきつつあり、クレジットカードを使って旅行先や買い物先でも気軽にネットに繋げることができるので、情報発信をすることが簡単に行えることになってきたのです。これは素晴らしい技術革新であると考えられています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ