金融取引をウェブ上で行う際のログインについて

商取引をネット上で行う上で欠かせないのは、ログインという仕組みでセキュリティをかけ個人の情報を盗まれない事でしょう。通常金融取引や買い物をネットでする際には利用者固有のページを持ち、その人しか入れないIDやパスワードでそのページを管理します。

パスワードは本人しかわからない仕組みにし、第三者が購入履歴を閲覧したり、クレジットカードなどの情報を盗んだり出来ないようなしくみをとっているのです。
ログインとは入り込むという意味で、パソコンで言えば電源をつけて、接続を意味しています。

その世界に入り込む事を指しており、それが完了すれば不測の事態が発生しない限りはその世界に入り続けられます。自分の身体は画面外にありますが、意志は画面内にいますので、その世界で様々な行動ができます。仮想の部屋を作ったり、サイトを作成したり、インターネットの世界に飛び込み様々な知識を吸収するのも可能でしょう。

クレジットカードでの利用状況を確認する場合もログインをして情報が見ることができるのです。その世界は人間社会となんら変わりがなく、ウイルスも、病院も存在するのです。その世界での役目を終えて電源を切ると接続状態が解除され、ログアウトの状態に戻ります。

自分という意志がパソコン内に入り込むことを、ログインと呼ぶといってもいいでしょう。インターネットや周辺機器の技術力が向上したことは、家にいながらにして消費行動ができたりと、夢のような便利な社会が待っていることを意味します。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ