ロンダリングをすることは当然禁止されているので注意

クレジットカード不正をする集団は後を絶たず、最近ではクレジットカード現金化という禁止されている行為を巧みに騙して実行させるケースが目立ちます。これは、審査に落ちて借入できなくなってしまった人に対して、持ちかけられる話が多いです。

普段からこの部分に関しては、常に気をつけておくのが望ましいのですが、審査が本当に通るのか不安だなって感じる場合もあることでしょう。
禁止されている行為でも、専門用語や難しい言葉を使うことで騙されてしまう場合が多く、クレジットカード不正の中でも頻繁に出現するのが、ロンダリングという手法です。

これは加盟店契約をもたない人のために、加盟店に契約している人がカード取引をすることを指します。運転免許証を持っていない人へ、他人が運転免許証を貸して運転させるようなものです。

これはマネーロンダリングなどの言葉で広く知られていて、不正に入手したお金を正規の場所を通して、綺麗なお金だと周囲に感じさせる方法です。クレジットカードは世界で相当な数が発行されているため、不正が起きても見つけにくい環境にある点が指摘されています。

ここに犯罪グループが集結して、さまざまな不正を行っていることが言われています。
当然こういった取引は禁止行為になっていますので、当然ですが、誘われたり持ち掛けられたりしても絶対に行ってはいけません。お金の取引になりますので、大きなトラブルになる場合も考えられるからです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ